巷の精神科の看護師求人について〜ハローワークでよく見る求人は要注意かも〜

看護師の募集というものはさまざまなところで行われるものです。医療の現場は仕事の量を調節出来るような環境ではありません。「病」は、病院の都合など考えてはくれないのです。ですから、人手不足に陥った病院は手段を問わず求人をかけます。その手段の中の一つ、ハローワークは掲載側、つまり人材を募集している側にとってみれば、無料の媒体です。人手不足で切迫した状況であれば、迷わず掲載します。同時に、コストがかかってでも転職支援のサービスにも登録します。チャンネルを広げて、人材を募るのです。

 

ただ、転職支援サイトなどでは一切見つからず、ハローワークのみで人材を募集しているような精神科は要注意です。さらに、ハローワークでの掲載が「常にある」というような求人は疑うべきです。精神科は医療現場の中でも独特な環境です。バランスの崩れた精神科では、離職と採用の繰り返しに陥っている場合があります。そのような場合、いつでも求人を行う必要があることから、コストのかからないハローワークのみに掲載している可能性が高いのです。

 

精神科の看護師であるのに、自分自身がその状況、環境に耐えられなくなるほどだということです。新たな職場で羽ばたこうというのに、あえてそのような環境を選ぶ必要はありません。「厳しさ」の意味が違います。厳しい状況を組織ぐるみで打破するのではなく、現場任せにするような職場は酷いものです。精神科の求人を選ぶ際には、特にハローワークに常時掲載している病院は避けましょう。採用に真剣な病院は、求人・転職支援サイトを利用しているものです。


このページの先頭へ戻る