未経験で精神科の看護師求人に応募する際の注意点

精神科の看護師に必要なことは「忍耐」です。心を開いてくれるまで時間のかかる患者さんに対して、職務として長期に渡って接していく忍耐です。それには精神力が必要です。さらには、病状が不安定な患者さんが突然暴れだすこともあります。そのような際に適切な対応ができるだけの体力も、精神科の看護師には求められます。未経験の方にとっては、それまで経験してきた現場とはまったくことなる状況が訪れることになります。それまで培ってきた看護師としての経験が、役に立たないのかと不安に感じる方も多いです。

 

他の診療科では「身体のココが痛い、調子が悪い」と、診療に訪れた患者さんはコミュニケーションによって位子看護師に伝えることができました。ですが、精神科では「メンタル的にダメージを負っている」ということはわかっていても、「具体的になにが問題か」ということは簡単なコミュニケーションでは汲み取ることができません。長期的な関わりを通じて、患者さんが本当は何を伝えたいのかを汲み取るようなコミュニケーションが必要です。

 

転職支援サービスで仕事を探す際には、募集側が「未経験可能」という条件を掲げている求人に対して応募することになります。そのような際に気にしたいのは、研修などでしっかりと精神科独特の雰囲気に馴れることができるようになる体制を敷いてくれているかどうかです。ただ飛び込むだけでは仕事にならないのが精神科の看護師です。正しい知識をしっかりと学べる環境かどうかということは、注意する必要があります。


このページの先頭へ戻る