精神科の求人で休日を重視するなら、『4週8休』で探そう!

看護師の仕事はどうしても休日が不定期になってしまうものです。転職を期にご自身のワークライフバランスを見直そうと思っている方は4週8休が実現できる職場を選んでください。精神的にも肉体的にもハードな精神科の看護師で、4週6休の条件では少し厳しいのです。職場にもよりますが、時間外の出勤、さらには最新の治療を学ぶための練習などが勤務外で組まれてしまうことがあります。4週8休は一般的な「土日が休み」という休日のスパンでもあります。看護師以外の仕事でも、どうしても土日に出勤しなければいけないことはありますが、4週8休のペースであればどうにか耐えられるものです。

 

それまでは夜勤なども含めて4週6休で働いていたという方であっても、新たに精神科に転職するのであればまずはその独特な環境に馴れるところからスタートしなければいけません。ですが、患者は待ってはくれません。多くの患者さんを少数看護師で相手をする必要がある精神科での仕事は、まさに「まったなし」なのです。ですから、基本的な休日は充実していることが望ましいのです。

 

体力に自信があり、仕事への情熱がある方であっても、まずは4週8休を目安に求人を探すべきです。一般病棟では患者さんが看護師に対して配慮してくれる局面もあるかもしれませんが、精神科ではそのようなことが期待できません。しっかりと職務をまっとうするためにも、休日はしっかりと確保しておくことが必要です。そのような求人を探してください。


このページの先頭へ戻る